JCGR 日本コーポレートガバナンス研究所

2020年度 読書会・研究会スケジュール

 

◆丸の内読書会・研究会◆

JCGRは、2010年以来丸の内にて、コーポレートガバナンスおよびファイナンスに関する月例「丸の内早朝勉強会」を毎年開催してきました。12回を1クールとする勉強会シリーズです。2020年も4月より早朝研究会と名を改め「コーポレートガバナンス早朝研究会」、「ファイナンス早朝研究会」、「役員のためのデータサイエンス早朝研究会」を開催いたします。また、新たに経済・経営書を中心に基本テキストや話題の文献を読み解く「経済・経営書研究会」を開始いたします。  ⇨ 早朝研究会参加申込用紙 (「経済・経営書研究会」については info@jcgr.org(担当 大林守)にて申し込みを受け付けます)


<講師>
 若杉敬明(コーポレートガバナンス研究会/ファイナンス研究会)
  一般社団法人 日本コーポレートガバナンス研究所 理事長
  Co-director, University of Michigan Ross School of Business Mitsui Life Financial Research Center
  東京大学名誉教授

 大林 守(経営幹部のための実践データサイエンス研究会/経済・経営書研究会)
  一般社団法人日本コーポレートガバナンス研究所 理事
  専修大学商学部教授(計量経済学)

 <会場>
 経営研究所会議室
    〒100-0005 千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB172 TEL:03-5220-2882 地図

KK 経済・経営書研究会(以下の日程を変更し2020年10月開講予定) *参加申し込み info@jcgr.org  大林 守

  目的   : 最新の経済経営書を精読することにより経営幹部の知的水準の向上を目指す
  日時   : 原則として第1火曜日(休日の場合同週の金曜日) 16時から17時30分または18時まで
  会場   : 原則として丸の内・経営研究所会議室(専修大学神田校舎の場合もあり)
  会の進め方: アクティブラーニング(自学自習)形式で行う。経済経営書の良書をテキストとし、持ち回りレポーター制によるプレゼンテーションと参加者全員によるディスカッションを行う。適時、チューターによるサポートとコメントを行う
  テキスト : 神取道宏『ミクロ経済学の力』日本評論社
  参考書  : 八田達夫『ミクロ経済学 Expressway』東洋経済新報社
  チューター: 大林 守 JCGR理事 専修大学商学部教授
  参加費  : 3万6千円
  日 程  :

04月07日(火) 序章・第1章 消費者行動の理論
05月01日(金*)  第1章 消費者行動の理論
06月02日(火) 第2章 企業行動の理論
07月07日(火) 第2章 企業行動の理論
08月04日(火) 第3章 市場均衡
09月01日(火) 第3章 市場均衡
10月06日(火) 第4章 市場の失敗
11月06日(金*)  第5章 独占
12月01日(火) 第6章 同時手番のゲームとナッシュ均衡
01月05日(火) 第7章 時間を通じたゲームと戦略の信頼性
02月02日(火) 第8章 保険とモラルハザード
03月02日(火) 第9章 逆淘汰とシグナリング

  
CG コーポレートガバナンス早朝研究会(講師 若杉敬明 JCGR理事) <録画配信とオンラインQ&Aで実施中>
    毎月第2水曜日 08:00~09:30 問い合わせ・申し込み info@jcgr.org 若杉 敬明
第Ⅰ部 コーポレートガバナンスの基礎理論
 04月08日(水) コーポレートガバナンスとは 理念・制度・実務
 05月13日(水) 資本主義と株式会社制度 コーポレートガバナンスの原点
 06月10日(水) 会社法のガバナンス規整 取締役会による経営コントロールの仕組み
 07月08日(水) ガバナンスとマネジメント 取締役会の監督と執行役員の経営
第Ⅱ部 ガバナンスのベストプラクティス
 08月19日(水) NYSEの上場規則 独立取締役と指名・報酬・監査委員会
 09月09日(水) 指名/コーポレートガバナンス委員会 取締役会とCEOの後継者育成プログラム
 10月14日(水) 報酬委員会と役員報酬 報酬方針とインセンティブ報酬
 11月11日(水) 監査委員会と内部統制 内部監査および外部監査の独立性
第Ⅲ部 世界のガバナンス改革
 12月09日(水) アングロサクソンのガバナンス改革 委員会主導の英国と市場主導の米国
 01月13日(水) ヨーロッパ大陸のガバナンス改革 官民融合の仏企業と共同決定の独企業
 02月10日(水) アジアのガバナンス改革 国家資本の中国と財閥経済の韓国
 03月10日(水) 日本のガバナンス改革 アベノミクスの2つのコード
  
DS 経営幹部のための実践データサイエンス早朝研究会(講師 大林 守 JCGR理事)
    毎月第3水曜日:08:00~09:30  
問い合わせ・申し込み:info@jcgr.org 大林 守      
     *以下の日程を変更し2020年10月開講予定    
第Ⅰ部 経営幹部のためのデータサイエンス・基礎
 04月15日(水) データ=ドリブン社会におけるデータサイエンス  
 05月20日(水) 相関と回帰:単回帰  
 06月17日(水) 回帰係数の統計的検定  
 07月15日(水) 重回帰と(多変量解析)と機械学習の初歩  
第Ⅱ部 経営幹部のためのデータサイエンス・発展
 08月26日(水) 回帰分析の理論的背景  
 09月16日(水) 重回帰分析の落とし穴  
 10月21日(水) 重回帰分析の拡張  
 11月18日(水) 時系列データの分析  
第Ⅲ部 経営幹部のためのデータサイエンス・実践
 12月16日(水) 仮説検証から仮説形成へ:アブダクション  
 01月20日(水) 実データによる回帰分析  
 02月17日(水) 表計算ソフトによる機械学習  
 03月17日(水) 機械学習とAI  

CF ファイナンス早朝研究会(講師 若杉敬明 JCGR理事) <録画配信とオンラインQ&Aで実施中>
    毎月第3金曜日 08:00~09:30 問い合わせ・申し込み info@jcgr.org 若杉 敬明

第Ⅰ部 ビジネスマンのためのファイナンス
 04月17日(金) 株式会社とは 株主資本と負債
 05月15日(金) ファイナンスの基本概念 時間とリスク:貨幣の時間価値とリスクプレミアム
 06月19日(金) バリュエーション:株主価値の評価 配当割引モデル DDM
 07月17日(金) 効率的市場の理論 DDMと市場効率性
第Ⅱ部 経営幹部のためのファイナンス
 08月21日(金) 資本構成と財務レバレッジ効果 株主のリスク負担と負債による利鞘かせぎ
 09月18日(金) 資本コスト:企業価値創造の第1の鍵 要求収益率と加重平均コストWACC
 10月16日(金) 投資決定とDCF法:企業価値創造の第2の鍵 正味現在価値NPVと内部収益率IRR
 11月20日(金) 株式報酬:企業価値創造の第3の鍵 株主利益を共有する経営者のインセンティブシステム
第Ⅲ部 現代ファイナンスのトピクス
 12月18日(金) エクイティファイナンス 内部留保対株式発行
 01月15日(金) 企業の利益率と株主の投資収益率 ROA、ROEおよびTSR
 02月19日(金) デットファイナンス 普通社債と新株予約権付社債(転換社債型・ワラント型)
 03月19日(金) 国際コーポレートファイナンス 外貨建て投資の評価・資本コストの国際化
page top