JCGR 日本コーポレートガバナンス研究所

Data Science

経営幹部のためのデータサイエンス研究会―リテラシーレベルー

データ駆動経営の重要性がたかまっています。経営幹部が行う意思決定は、経験や勘に頼るばかりでなく、定量的分析に裏打ちされたエビデンスが重要となってきました。セブンイレブンの鈴木敏文氏はコンビニにPOSデータを導入し、経営に活かした世界的な先駆者です。鈴木氏の最初の職場は現トーハンで、入社後は出版研究所に出向となり、出版業界のデータ収集・分析を始動され、それが彼の「データ経営」の基礎となっていると日経の私の履歴書(04/02/2007)で証言されています。そこでは、データ作りから分析までのすべてを経験したことが重要だと強調されています。そこで、この研究会では、データ分析を経験しながら、データサイエンスを概観し、経営者が必要な知識を獲得することを主眼とします。

 経営幹部は分析結果を利用する立場ですから、自分自身がデータ分析家になる必要はありません。しかし、「データは拷問(分析)にかけると何でも自白する」という警句があるように、データサイエンスの実際を知らずに、分析を依頼したり、分析結果を鵜呑みにしたりすることは危険です。分析結果のユーザーである経営幹部が知っておくべき急所をおさえ、落とし穴に陥らないことが重要です。

 本研究会では、御自分のポータブルPCを持参していただきます(BYOD: Bring Your Own Device)。データ・プログラム等は、ダウンロード、もしくはUSBメモリで配布いたしますので、ソフトウエア等がインストール可能なマシンをご持参ください。企業内のマシンによっては外部のソフトウエアをインストールできない仕様のものがありますのでご注意ください。なお、前提とする知識は、表計算ソフト(Excel・グーグルスプレッドシート等)で加減乗除の集計ができる程度です。

 

<リテラシーレベル研究会のスケジュール>(1時限は50分間10分間休憩)

第1限 09:00~09:50 データ駆動時代の経営幹部のデータサイエンスのリテラシー

第2限 10:00~10:50 統計学(記述・推測)、計量モデル分析、データサイエンス

第3限 11:00~11:50       重回帰分析~教師付機械学習

第4限 12:00~12:30 騙されずに?賢くデータサイエンティストを使う方法

第5限 12:30~13:00       質疑応答

<催行人数> 3~6名の定員制

<日時> 5月11日(土) 

  ➡ 企業内等の1グループ(3~6名)の場合、他の日程・場所でもご相談に応じます。

<会場> 東京駅丸の内 三菱ビル地下一階経営研究所JCGR会議室

<参加費> 未定 

<必要機材> 参加者ご自身のWindowsPC(無線LANあるいはUSBメモリ接続可能)、PC電源、必要な方はマウス。PC等のセットアップに不安がある方は、当日開始時間の30分前に集合してください。

実施方法

 本研究会は対面で行います。データ分析家養成には学校教育より徒弟制の方が良いと言われこともあるほどに、データ分析は実体験が重要です。経営幹部が、データ分析家になる必要はないにしろ、一度経験しておくことは有効です。そのため、本研究会はBYOD(Bring Your Own Device)、ご自分のノートパソコンをご用意ください。マイクロソフトExcelインストール済みWindowsノートパソコンが必要です。Excel以外の必要なWindows用計量分析ソフトウエアとデータは、こちらで準備いたします。計算はソフトウエアが行うので、中学校程度の数学の知識で十分です。

 

日時:   10月15日(土) 午前09:00~12:00

              11月12日(土) 午前09:00~12:00、終了後質問セッション60分

場所: JCGR会議室:三菱ビル地階(東京駅丸の内地下直結)

料金: 3万円

締切: 9月23日(金)

最少催行人数:5名

 

10月カリキュラム

1.数理・統計・データサイエンスの世界(講義)

 1−1 数理モデルによる仮説立案・特定化・検証

 1−2 科学的推論(演繹、帰納、アブダクション)

 1−3 因果関係

2 統計の世界(講義と実習)

 2−1 記述統計

 2−2 推測統計

 2−3 帰無仮説による仮説検定

3 単回帰分析

 3−1 散布図

 3−2 相関と因果

 3−3 単回帰分析

11月カリキュラム

4 重回帰分析(講義と実習)

 4−1 重回帰分析

 4−2 係数の検定と回帰式の当てはまり

 4−3 回帰分析の落とし穴

5 機械学習(講義と実習)

 5−1 データサイエンス

 5−2 教師付き機械学習

 5−3 教師無し機械学習・AI

6 分析結果とプロジェクト管理(講義)

 6−1 定量的分析のプロジェクト管理

 6−2 データ・インク・レシオによる可視化

 6−3 分析結果のナラティブ・ストーリー化

担当:JCGR理事、専修大学商学部教授 大林 守 講師紹介

連絡先obayashi@jcgr.org

 

輪読読書会 応用ビジネス経済学<ZOOM 月1回>

 ミクロ経済学をすでに履修した方のための応用経済学のテキストを、参加者が交代でレポーターとなり、ZOOMを利用したオンライン輪読を行います。担当の大林が講義をするのではなくチューターとして参加し、コメントとガイダンス指導を行います。チューター制度は、「教わる」のではなく「学ぶ」、すなわち主体的な勉強に有効な手段と言われています。

 

テキスト:花薗誠 「産業組織とビジネスの経済学」有斐閣ストゥディア

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641150591

 

日時:10月10日(月)より毎月第2月曜日

 スタート時間は15時、17時、20時を候補とし最多参加者で決定

料金: 3万円

締切: 9月23日(金)

最少催行人数:5名

担当:JCGR理事、専修大学商学部教授 大林 守 講師紹介

連絡先:obayashi@jcgr.org

10月初回は、ミクロ経済学の復習と序章を大林がレポーターを行う予定です。

10月 ミクロ経済学の復習 & 序章 産業組織論の分析対象と方法

11月 第1章 価格決定の原理──利潤最大化の条件

12月 第2章 価格差別──分断化された市場1月での価格決定

  2月 第3章 垂直的な企業間関係──取引先の 行動をいかに制御するか

  3月 第4章 寡占市場での企業競争──価格競争と数量競争

  4月 第5章 競争政策の基礎──効率性・公平性の追求

  5月 第6章 競争緩和のための非価格戦略──製品差別化,広告,スイッチング・コスト

  6月 第7章 価格決定における企業共謀──談合,カルテル

  7月 第8章 市場構造の決定要因──参入と退出

  8月 第9章 市場構造を変更する戦略──参入阻止,合併,提携

  9月 第10章 研究開発と知的財産権──R&Dのインセンティブ

10月 第11章 ネットワーク効果と消費者・企業行動──需要が需要を生むメカニズム

 

輪読読書会 経済学再入門<ZOOM 月1回>

 経済学とファイナンスがコーポレートガバナンスの基本であることはお気付きだと思います。本読書会では、最新のカリキュラムに基づく経済学入門書を参加者が交代でレポーターとなり、ZOOMを利用したオンライン輪読を行います。担当の大林が講義をするのではなくチューターとして参加し、コメントとガイダンス指導を行います。チューター制度は、「教わる」のではなく「学ぶ」、すなわち主体的な勉強に有効な手段と言われています。

 

テキスト:アセモグル他「入門経済学」東洋経済新報社

https://str.toyokeizai.net/books/9784492315149/

 

 第1執筆者のダロン・アセモグルは、2021年現在、過去10年間、世界で最も論文を引用された学者と言われています。専門だけでなく、「国家はなぜ衰退するのか」や「自由の命運」といったベストセラーの一般書の翻訳(早川書房)が出版されています。

 新カリキュラムといっても需給曲線の議論などには大きな変化はありませんが、証拠に基づいた経済学を徹底し、ゲーム理論やデータ分析などの業績を取り込み、一昔前の内容とは非常に異なるものとなっています。特にマクロ経済学では、サミュエルソンの45度線ケインジアンモデルやヒックスのISLMモデルなどの言及はほとんどなく、以前にしっかり経済学を学んだ方々にも、新たな発見があると考えます。

日時: 10月3日(月)より毎月第1月曜日<ZOOMミーティング>

              スタート時間は15時、17時、20時を候補とし最多参加者で決定

料金: 3万円

締切: 9月23日(金)

最少催行人数:5名

担当:JCGR理事、専修大学商学部教授 大林 守 講師紹介

連絡先:obayashi@jcgr.org

第I部は、大林がレポーターを行う予定です。

10月 第Ⅰ部 経済学への誘い

    1章 経済学の原理と実践

    2章 経済学の方法と問い

    3章 最適化:最善をつくす

    4章 需要、供給と均衡

第Ⅱ部 ミクロ経済学の基礎

 11月 5章 消費者とインセンティブ

 12月 6章 生産者とインセンティブ

  1月 7章 完全競争と見えざる手

     2月 8章 貿易

第Ⅲ部 マクロ経済学の基礎

  3月 9章 国の富:マクロ経済全体を定義して測定する

  4月 10章 総所得

  5月 11章 経済成長

  6月 12章 雇用と失業

  7月 13章 クレジット市場

  8月 14章 金融システム

  9月 15章 景気変動

page top

サインイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。