JCGR 日本コーポレートガバナンス研究所

Corporate Governance Practices

 

2023 研究会とセミナー Ⅱ

 

 

Ⅱ.コーポレートガバナンス・コード実務セミナー 参加申込書

 講師:日本シェアホルダーサービス(株) チーフコンサルタント 藤島 裕三(JCGR理事)講師紹介

Ⅱー1.総チェック:コーポレートガバナンス・コード全原則
~コードの意義から全83原則の解説、開示原則対応の演習~

2015年に導入された東証コーポレートガバナンス・コード(以下CGコード)は、2018・2021年の改訂を経て、全83原則にわたり取締役会構成からサステナビリティ課題に至るまで、幅広いテーマにつき企上場企業に対して取り組むことを求めています。その項目数の多さ、内容の多様さから、企業によっては十分に検討することができず、形だけの実施(コンプライ)に止まっているケースも少なくないでしょう。

本講座では、CGコードの意義や改訂の経緯に立ち返った上で、全83原則を個別に解説、各原則が設定された趣旨を踏まえた望ましい対応のあり方を議論します。また講座のまとめとして、参加者各位が所属している企業や関心のある企業によるCGコード対応(開示14原則)につき、より良い記載を検討する演習を実施します。

◆スケジュール:全8回、各回1.5時間
(1)CGコード総論:意義と改訂の経緯
(2)第4章:取締役会等の責務① 役割編
(3)第4章:取締役会等の責務② 運営編
(4)第3章:適切な情報開示と透明性の確保
(5)第1章:株主の権利・平等性の確保
(6)第5章:株主との対話
(7)第2章:ステークホルダーとの適切な協働
(8)演習:自社対応(開示14原則)の改善
◆開催方式:

(1)・(8)JCGR会議室における対面方式
                               会場:東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB172 地図
(2)~(7)ZOOMによるウェビナー方式
    ※コロナ環境などを慎重に勘案して、ZOOMのみでの開催に変更する可能性あり
◆実施日時:2023年7月6日~8月24日 (毎週木曜日) 16:00-17:30
◆参加費:個人 8万円、法人 16万円(3人まで参加可能)
◆最少催行人数:10名

Ⅱ-2.集中講座:コーポレートガバナンス・コード開示対応
~投資家に評価される開示14原則の記載、注目原則対応の演習~

本講座では、開示が義務付けられている原則(開示14原則)、特に改訂により新設・変更された原則に焦点を当てて、設定された趣旨を踏まえた望ましい対応のあり方を議論します。さらに代表的な原則を取り上げて、参加者各位が所属している企業や関心のある企業による対応につき、より良い記載を検討する演習を実施します。

◆スケジュール:全5時限、各回50分(10分休憩)
(1)CGコード総論:意義と改訂の経緯
(2)各論①:取締役会、独立社外取締役
(3)各論②:情報開示、株主総会、株主との対話
(4)各論③:サステナビリティ、中核人材
(5)演習:自社対応(代表的な開示原則)の改善
◆開催方式: JCGR会議室における対面方式
               会場:東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB172 地図
    ※コロナ環境などを慎重に勘案して、ZOOMでの開催に変更する可能性あり
◆実施日時:2023年8月19日(土) 10:00-16:00(昼食休憩1時間)
参加費:個人 5万円、法人 10万円(3人まで参加可能)
◆最少催行人数:3名

 

page top

サインイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。