JCGR 日本コーポレートガバナンス研究所

研究会とブログ

 
What’s New!
◆談論シリーズ「 サロン・ド・丸の内」詳細  >第14回/5月開催
【開催日時】2022年5月27日(金)16:00~17:30【テーマ】「対談:2022年度のコーポレートガバナンス最新動向」上田 亮子SBI大学院 准教授 金融庁フォローアップ委員会 委員/藤島 裕三JCGR理事 日本シェアホルダーサービス㈱ チーフコンサルタント >サロン・ド・丸の内

 

2022 研究会とセミナー (募集中)

1.コーポレートガバナンス研究会
★いつでもどこでも学べるオンデマンド講座★ビジネスパーソンのためのコーポレートガバナンスセミナー★現代のコーポレートガバナンスの全貌を1年間で学ぶ<コーポレートガバナンスとは何か、株式会社とコーポレートガバナンス、ガバナンスとマネジメント、取締役会のガバナンス、モニタリングボードとマネジメントボード、モニタリングボードのベストプラクティス、独立取締役と指名・報酬・監査委員会、世界各国のガバナンス改革>★動画配信・ブログ解説・オンラインQ&Aセッションの三位一体セミナー★毎月配信(年12回)の長期セミナー★担当講師:若杉敬明 JCGR理事長/東京大学名誉教授(講師紹介) ⇨ プログラム詳細 参加申込書

2.コーポレートガバナンス・コード実務セミナー(対面・オンライン併用)7月度セミナー募集開始 プログラム詳細 参加申込書
★2022年7-8月に全8回(毎週)の総チェックと、1日(2回開催)での集中講座を予定<CGコードの意義と改訂の経緯、取締役会の役割、取締役会の運営、適切な情報開示と透明性の確保、株主の権利・平等性の確保、株主との対話、ステークホルダーとの適切な協働、演習)>★会場:JCGR会議室(東京駅前丸の内三菱ビル)★担当講師:藤島裕三 JCGR理事/日本シェアホルダーサービス(株)チーフコンサルタント(講師紹介

3.経営幹部のためのデータサイエンス研究会(対面方式)7月度セミナー募集開始 プログラム詳細 参加申込書
★経営幹部は分析結果を利用する立場ですから、自分自身がデータ分析家になる必要はありません。しかし、「データは拷問にかけると何でも自白する」という警句があるように、分析の実際を知らずに、分析を依頼したり、分析結果を鵜呑みにすることは危険です。部下のデータ分析を正しく使うためのデータサイエンスセミナー>経営幹部のためのデータリテラシー、回帰分析、重回帰分析、データ分析のOODA、賢くデータサイエンスを活用するために>★週末1日のJCGR会議室短期セミナー★会場:JCGR会議室(東京駅前丸の内三菱ビル)★大林 守 JCGR理事/専修大学商学部教授(講師紹介

4.ファイナンス研究会
★役員およびビジネスパーソン必修のコーポレートファイナンスセミナー★企業価値創造のための現代ファイナンス理論を1年間で学ぶ <コーポレートファイナンスと企業価値、資本政策、WACC加重平均資本コストと最適資本構成、ポートフォリオ理論とCAPM、投資決定とDCF法、株主還元:配当政策と自己株取得、政策保有株式、ファイナンスにおけるリスクマネジメント、デリバティブズ、行動ファイナンス>★動画配信・ブログ解説・オンラインQ&Aセッションの三位一体セミナー★毎月配信(年12回)の長期セミナー★担当講師:若杉敬明 JCGR理事長/東京大学名誉教授(講師紹介) ⇨ プログラム詳細 参加申込書

談論 サロン・ド・丸の内

詳細 JCGR会員登録・参加申込書
<コーディネーター>
 藤島  裕三:一般社団法人日本コーポレートガバナンス研究所 理事(講師紹介
 (日本シェアホルダーサービス(株)研究開発/コンサルティング部 チーフコンサルタント)
<趣意>
 コーポレートガバナンスの実務担当者およびコーポレートガバナンスに関心をお持ちの方々を主な対象とする「サロン・ド・丸の内」を開催します。現代のコーポレートガバナンスのベスト・プラクティスは、独立取締役および指名・報酬・監査の三委員会による経営陣の監督です。このような認識の下に、第一線の実務家や研究者などにより提起された最新のテーマにつき談論風発していただくと共に、業務にフィードバックしていただきます。本サロンを通じて日本企業のガバナンス改革を現場レベルからサポートすると共に、これからの日本を支える経営人材の育成を目指します。

ブログ

page top

サインイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。